.

契約店舗で全てのクレジットカードが使えるわけでもない◆クレジットカードの契約店舗はだいたい、ときには5を超えるカードの会社とライセンスを結んでいますがちょっと不便ですが全部の契約店で全部の所有クレジットカードが決済できるんではありません。古い加盟店のときにはJCBロゴの書いてあるクレカしか使用不可な状況もあるし、近頃の加盟店ではビザとかマスターカードのマークの入っているカードしか使えない場面もあります。銀聯カードみたいなカードならもっともっと使用不可な場所が増えるんじゃないでしょうか。何のブランドの所有クレジットカードが使えるかをどのように判断したらいいか「ならどうやってどのような所有カードが使用可能かというのを確かめたらいいの?」というと、確実に見るのにはお店の店員に聞いてみる以外ないていうのが正直ながら正しい答えです。とはいえども大部分のお店やフードコートには店舗前のドアのスペースに決済できるクレカのロゴが書かれた加盟ステッカーが掲載されているため「そうかそのショップはMasterCardが使用できるんだ」というふうに一目でわかるようになっているため安心していただけると思います。とはいっても、正しく確認が出来ていない加盟店舗で使用する際には、ロゴステッカーが貼られているのに「現在ではそのカードは決済いただけません」などという案内をされるなんてこともあるため冷や汗をかいてしまうこともあるでしょう。やっぱり可能な限りはより多くの店舗でクレカが使用できるようにする目的でもう一つの印(インターナショナルなブランド)がプリントされている一般的なダイナーズライフカード、などのカードを2、3枚契約するようにして欲しいと思います(例:UCカードを携帯しているなら次はアメックスブランドのカードを持つといった方法)。もっぱら国内使用のみならVISA、MasterCard、JCBの3つの契約が入ったクレカを常に使えるようにしておけば、だいたい100%近くの加入店舗でなにがしかのクレジットカードを差し出すことができます。クレジットカードを活用して有効に節約を目指すためには言うまでもないが少なくともこの3枚のカードを申し込んでおいていただくことをお勧めします。

Copyright (c) 2000 www.climbing-croatia.com All Rights Reserved.