.

車の事故が起きた状況で、車の事故の被害者であったとしても向こう側が責任を一切容認しない場面は数多くあります。仮定として、意図的に起こってしまったのではなくちょっと気が抜けて乗っていた車を当てられた時に、こうした水掛け論につながってしまう状況がありえます。そうであっても事故現場で物損とされて、数ヵ月後に体の痛みが出た際に、かかった病院の診断書類を警察に提出するのでは対処が遅くなるというのは仕方がなくなります。そうであるならば車の事故の過失割合の確定にはどんな風な目安があるのでしょうか。正確に申しますと、警察が確定するのは、主に車の事故の原因が認識されるのはどちらのドライバーかという事柄であって過失の割合がどうなのかではないのです。もっと言えば、最終的に明確にされた責任者が警察署から知らされるという事は全くありません。そんな訳で、過失の割合は当事者の協議により明確にされ、それが自動車事故の賠償の算定基準です。この場面で、当事者同士が任意保険に加入していなかった状況では互いが面と向って調整を余儀なくされます。されど、当然の事ながらそういう協議では、感情に走った言い合いになる状況が多くなります。それに加えて、お互いの言い分が平行線をたどれば悪くすると、裁判所にはまり込む、その場合多くの時間と訴訟費用かなりのロスは避ける事が出来ません。そこで概ねお互いの運転手に付随する自動車の保険屋さん、その各々の会社に協議を一任するやり方を駆使して、適度な「過失割合」を理性的に決定させるのです。その際保険会社は、前の車での事故の裁判によって導きだされた裁定から決定した元となるもの、判例タイムズを元に、予想と話し合いを行って「過失割合」を出します。そうは言っても、自動車での事故の際には遭遇したのか起こしてしまったのかの如何を問わず、真っ先に110番に連絡するのが絶対です。その上で保険会社に電話をしてこれからの交渉をお願いするのが順番となります。正確な仕組みさえ分かっていれば無駄な話し合いとなる事を回避できます。

Copyright (c) 2000 www.climbing-croatia.com All Rights Reserved.